HAIR FACTORY dub
HAIR FACTORY dubの縮毛矯正
HAIR FACTORY dubのカット

三位一体、プロの技。

HAIR FACTORY dubのカットは
1・フォルム、レングス  
2・顔回りの似合わせ  
3・毛量.質感調整    
この3点を重要視してます。    

1 .  フォルム・レングス お客様のご希望の長さの事です。これはもちろん重要ですね。 フォルムは前後左右から見た全体の形の事です。 フォルムは基本的なカットが出来てなかったり、梳き過ぎてたりすると崩れます。     

2 . 顔回りの似合わせ 1番重要だと思います。しっかり相談しましょう。  

3 .質感調整・毛量調整 特に量の多い箇所はセニングします。ただHAIR FACTORY dubでは点で梳く様にしてます。 質感調整はスライド、エフェクト、チョップ等で動き、束感、アウトラインの作り込みをして行きます。梳けば梳く程、毛先が少なくなり、少なくなればなるほど傷みやすく、乾燥しやすくなり、落ち着かなくなります。
また、部分的にも毛量は違うので部位で梳き方を変えます。

肝心なのは、見極めること。

HAIR FACTORY dubでは梳き過ぎないよう、いらない部分は取るという風に考えています。また髪質に合わせて切り方、梳き方を変えています。     

要は基本のベースカットが一番大事なのです。  
そして要らない部分は取って、カットでは無理と判断したら、ボリューム欲しい所はパーマしたり、逆に抑えたい所はその部分だけストレートしたりします。  
パーマ、カラーはあくまでカットの補足。 しないにこしたことないですからね。
パーマ・カラー等も、 もちろんこだわって施術しております。  
パーマ・カラーのページもご覧ください。

ショートレイヤー。
頭の形に合わせてカットし、ルーツカットで毛量調整。
柔らかさを表現するピンカールパーマをプラス。

フラットボブに前下がりグラをオン。
軽くなり過ぎないように要らない重さは取って毛量調整。
乾かすだけで形が決まる。

TopStaffCutPermanentColorPriceAccessContactConceptdubろぐ

HAIRFACTORY dub〒567-0032 茨木市西駅前町7-30 エム・パティオ2-A TEL : 072-623-0345

Copyright(C) 2006 Hair Factory dub . All Rights Reserved .